火吹き棒はいらない?なぜ必要?代わりのものは?買った人に聞いてみた

スポンサーリンク

火吹き棒を買おうか迷っているものの「いらないかも…」「買ってよかったと思う人はどのくらい?」など不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、火吹き棒がいるかいらないか、アンケートを取り調べてみました。

こちらも商品選びの参考に!

スポンサーリンク
目次

火吹き棒は必要?いらない?

いるかいらないかアンケート調査を実施・結果発表

火吹き棒はいるかいらないか、使ったことのある方10人にアンケートをとってみました。

調査方法インターネット調査
対象10〜60代以上の男女
人数10人

クラウドソーシングでアンケート調査をしたところ、次のような結果になりました。

いる8人
いらない2人

次の項目では、火吹き棒を必要だと思う人といらないと思う人、それぞれの意見を紹介します。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

火吹き棒を「いる・必要だ」と思う人の口コミ

いる・必要だと思う人の口コミ

まずは、火吹き棒を「いる」と感じる人の理由から見ていきましょう。

アンケート結果とXでの調査結果をまとめると、火吹き棒を「いる」と感じる理由は、

火吹き棒がいる理由
  • 火までの距離をある程度確保できるから
  • 効率良く火を付けることができるから
  • 火力を調整できるから
  • 時短になるから
  • 酸欠にならずすむから

などがあることがわかりました。

以下では、アンケート結果とX(旧Twitter)での調査結果をそれぞれ紹介します。

「いる・必要だ」と答えた人の口コミ【アンケート】

火吹き棒を「いる」と答えた人からは、こんな意見が集まりました。

火までの距離をある程度確保することができるので安全性が高く、高火力でお肉などを焼けるので美味しくなる。(30代男性)

スポットに空気を送ることができるので、多少濡れている薪でもしっかり燃えてくれます。(60代以上男性)

早く火を付けたい時には絶対あった方がいいです。効率良く火を付けることができます。(40代女性)

「必要」と感じる人の意見をもっとみる

アウトドアでの火力を調整できるので、火をおこしやすいし消えにくい(30代女性)

がったり快適さも優れているから。(30代男性)

さっさと火を起こすことのほか、的確に送風することで酸欠にならずに費をくべることが可能だからです。(30代男性)

火を調節する際に火吹き棒があると便利なので、個人的には使いたいツールです。(40代男性)

キャンプで効率よく調理をしたい時に便利に使えると思っています。(30代男性)

「いる」と答えた人の口コミ【X】

続いて、Xで見つけた、火吹き棒を「いる」と感じている人の口コミを紹介します。

焚き火の時にあると便利

一吹きで再度火を起こす魔法の棒

もう一度まとめると、火吹き棒を「いる」と感じる理由は、

  • 火までの距離をある程度確保できるから
  • 効率良く火を付けることができるから
  • 火力を調整できるから
  • 時短になるから
  • 酸欠にならずすむから

などがあることがわかりました。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

火吹き棒は「いらない」と思う人の口コミ

いらない・必要ないと思う人の口コミ

次に、火吹き棒を「いらない」と感じる人の理由を見ていきましょう。

アンケート結果とXでの調査結果をまとめると、火吹き棒を「いらない」と感じる理由は、

火吹き棒がいらない理由
  • 使わなくても焚き火に風は送れるから
  • 竹筒や丸めた新聞紙を代用できるから
  • 二次燃焼や薪ストーブなら必要ないから

などがあることがわかりました。

以下では、アンケート結果とX(旧Twitter)での調査結果をそれぞれ紹介します。

「いらない」と答えた人の口コミ【アンケート】

火吹き棒を「いらない」と答えた人からは、こんな意見が集まりました。

友人が使っていて試しに買ってみましたが、焚き火する際に必要と感じませんでした。火吹き棒を使わずとも焚き火に風は送れますし簡単です。(40代男性)

飯盒炊飯やキャンプファイヤーなど火をおこすシーンでは、竹筒や丸めた新聞紙を代用できるので、わざわざ特殊な火吹き棒を用意する必要はないと思います。(50代男性)

「いらない」と答えた人の口コミ【X】

続いて、Xで見つけた、火吹き棒を「いらない」と感じている人の口コミを紹介します。

二次燃焼は火吹き棒いらない

薪ストーブなら火吹き棒はいらない

アンケート結果とXでの調査結果をまとめると、火吹き棒を「いらない」と感じる理由は、

  • 使わなくても焚き火に風は送れるから
  • 竹筒や丸めた新聞紙を代用できるから
  • 二次燃焼や薪ストーブなら必要ないから

などがあるということがわかりました。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

火吹き棒があると、どんなメリットがある?

メリット

火吹き棒はいらないとも言われていますが、あるとこんなメリットがあるようです。

火吹き棒のメリット
  • うちわで仰ぐよりも煙くない
  • 短時間で火を付ける事ができる
  • 火力調節がしやすい
  • 酸素の量を抑えることができるため酸欠気味になりにくい
  • 近距離で火傷をするリスクを軽減できる

以下では、集まった回答をくわしく紹介します。

安全性の高さ。仮に、火の粉が降りかかってきても、燃えることがない。もちろん息を吹きかける強さにもよりますが。(30代男性)

一か所に空気を送り、火種を大きくすることができるので内輪で仰ぐよりも煙くないといったメリットがあると思います。(60代以上男性)

短時間で火を付ける事ができるので無駄な時間を使いたくない人には最適だと思います(40代女性)

「メリット」をもっとみる

短時間で焚き火の火力調節がしやすいうちわであおぐ必要がなくなる(30代女性)

必要な酸素の量を抑えることができるため酸欠気味になりにくいのと、火を安定させるといった面倒な要素を短縮することができるところがメリットだと思っている。(30代男性)

無駄に体力を消耗させずに火が勢い良く燃えるようにすることができる点です。(30代男性)

焚き火の際に火力を調節をすることが簡単にできるのがメリットです。(40代男性)

キャンプで火おこしをする時に短時間で火を大きくできるのが長所だと思います。(30代男性)

ピンポイントで風を送れて火を強く出来ます。火に近づく事が無いため、安全に風を送れます。(40代男性)

耐熱性に優れた製品であれば長持ちするので、アウトドアをするたびに、火吹き棒を準備する必要はなくなるでしょう。また製品によっては伸縮機能があるので、近距離で火傷をするリスクも軽減できるはずです。(50代男性)

もう一度まとめると、火吹き棒のメリットは、

  • うちわで仰ぐよりも煙くない
  • 短時間で火を付ける事ができる
  • 火力調節がしやすい
  • 酸素の量を抑えることができるため酸欠気味になりにくい
  • 近距離で火傷をするリスクを軽減できる

などがあるようです。

スポンサーリンク

火吹き棒を買うと、こんなデメリットも…!

デメリット

一方で、火吹き棒を持っていると、こんなデメリットも考えられます。

火吹き棒のデメリット
  • 他の使い道がない
  • 荷物になる
  • 日常生活では使うことがない
  • 直に風を送るよりも疲れる
  • 間違って息を吸ってしまうと危険

以下では、集まった回答をくわしく紹介します。

他の使い道がない。わざわざこれを使わなくても、いろんなものを使ってあおいだりすれば良いという考え方もある。(30代男性)

特にデメリットになることはないですが、使用している火吹き棒コンパクトサイズになるので忘れることがある点、これがデメリットかもしれません。(60代以上男性)

荷物になるのでコンパクトに荷物をまとめたい人には向いていないと思います(40代女性)

「デメリット」をもっとみる

日常生活では使うことがない 息を吸ってしまうと熱い空気が体の中に入ってしまい危険(30代女性)

火吹き棒を使って酸素を送り続ける際に、間違えて火吹き棒に口を付けた状態で空気を吸い込んでしまうとダイレクトに熱風を吸い込んでしまうため口の中をやけどしてしまう可能性があるのはデメリットだと思っている。(30代男性)

物によっては簡単にヘシャがったり壊れたり、形が変形するなど使えない形状になることです。(30代男性)

火との距離がどうしても近くなるため、火傷することがあるのがデメリットです。(40代男性)

周りに火の粉が散らばりやすいので、近くに子どもがいる場合は細心の注意を要するところです。(30代男性)

直に風を送るよりも疲れます。わざわざ用意しなくてはなりませんし持っていくのが面倒にも感じます。火吹き棒が熱くなってしまう物もあって注意がいります。(40代男性)

全般的にコンパクトな製品なので、紛失しやすいのが、デメリットだと思います。(50代男性)

もう一度まとめると、火吹き棒のデメリットは、

  • 他の使い道がない
  • 荷物になる
  • 日常生活では使うことがない
  • 直に風を送るよりも疲れる
  • 間違って息を吸ってしまうと危険

などがあるようです。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

火吹き棒の代わりに「これがあると便利」なアイテムは?

代用品や代わりのもの

火吹き棒をわざわざ買わなくても、別のもので代用できるならそれで済ませたいですよね。

火吹き棒の代わりになるものには、以下のようなものがあります。

火吹き棒の代わりになるもの
  • うちわ
  • 手で持つ扇風機
  • ストロー
  • 電動エアダスター

以下では、集まった回答をくわしく紹介します。

竹。近くに竹がある場合は、切ってその節をくりぬいて、火吹き棒の代わりにすると言う手もあります。(30代男性)

内輪などでも代用できますが、内輪の場合は全体的に風を送り込むので燃えカスなどが立ち上がることがあり注意が必要です。(60代以上男性)

うちわがあると便利ですが、広範囲になってしまうのであまりおすすめできない場合もあります。(40代女性)

「代用になるもの」案をもっとみる

手で持つ扇風機・小型なので持ち運びしやすいし、電池があれば動く(30代女性)

ストロー、ストローでも火吹き棒の役割は十分に果たしてくれるため代わりにはなるが、たき火に近づきすぎるとストローが溶けて火傷してしまう恐れがあるため取り扱いには注意は必要。(30代男性)

電動エアダスターが労力を期さずに風邪お越しをして火を大きくできる便利道具です。(30代男性)

うちわを使って仰げば焚き火の火を調整することができるので、火吹き棒の代わりになります。(40代男性)

団扇。火吹き棒よりも手軽に使うことができ、子どもでも使いやすいところが魅力です。(30代男性)

いらない紙を筒状に丸めて風を送ります。紙を1枚2枚用意するだけですし、要らなくなれば焚き火に入れて燃やせば良いのです。乾いた紙は着火剤にもなりますし便利です。(40代男性)

団扇や扇子が代わりになり得ます。着火剤を対象物に点火したら、あとは煽るだけなので、誰でも簡単に火をおこすことが可能です。(50代男性)

もう一度まとめると、

  • うちわ
  • 手で持つ扇風機
  • ストロー
  • 電動エアダスター

のあたりが代用になりそうです。

ぜひ、代わりのものとして役立ててみてください。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

火吹き棒の人気商品!買うなら売れ筋を参考に

人気商品

最後に、火吹き棒の評判のよい商品を紹介します。

メリット・デメリットを把握したうえで、もし買うなら売れ筋を参考にしてみるのもいいかもしれません。

1.山麓工房の火吹き棒

火吹き棒の人気商品の一つ目は、山麓工房の火吹き棒です。

温かみのある持ち心地なところが人気のようですね。

2.Belmontの焚き火ブロウパイプ

火吹き棒の人気商品の二つ目は、Belmontの火吹き棒です。

長さがあり使いやすいところが人気のようですね。

3.FIRESIDEのファイヤーブラスター

火吹き棒の人気商品の三つ目は、FIRESIDEの火吹き棒です。

ピンポイントで使えるところが人気のようですね。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回は、火吹き棒はいるかいらないかをアンケート調査し、その理由やメリット、デメリット、代用品を紹介しました。

最後にもう一度まとめると、火吹き棒がいる理由は以下の通りです。

火吹き棒がいる理由
  • 火までの距離をある程度確保できるから
  • 効率良く火を付けることができるから
  • 火力を調整できるから
  • 時短になるから
  • 酸欠にならずすむから

火吹き棒がいらない理由は以下の通りです。

火吹き棒がいらない理由
  • 使わなくても焚き火に風は送れるから
  • 竹筒や丸めた新聞紙を代用できるから
  • 二次燃焼や薪ストーブなら必要ないから

ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

このサイト「DOCOREいらないナビ」では、さまざまなものをいるかいらないかをアンケート調査し、集まった意見を紹介しています。

この商品、本当に買う必要があるのかな…?と不安に思ったら、ぜひほかの記事もチェックしてみてください。

こちらも商品選びの参考に!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

この記事はDOCOREいらないナビ編集部が書いています。このサイトでは特定の商品やものがいるかいらないか、使用経験のある方のアンケート調査結果を紹介しています!

目次