レンズフードはいらない?付けない人はダサい?レンズフィルターとどっちがいい?

スポンサーリンク

レンズフードを買おうか迷っているものの「いらないかも…」「買ってよかったと思う人はどのくらい?」など不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レンズフードがいるかいらないか、アンケートを取り調べてみました。

こちらも商品選びの参考に!

スポンサーリンク
目次

レンズフードは必要?いらない?

いるかいらないかアンケート調査を実施・結果発表

レンズフードはいるかいらないか、使ったことのある方10人にアンケートをとってみました。

調査方法インターネット調査
対象10〜60代以上の男女
人数10人

クラウドソーシングでアンケート調査をしたところ、次のような結果になりました。

いる9人
いらない1人

次の項目では、レンズフードを必要だと思う人といらないと思う人、それぞれの意見を紹介します。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

レンズフードを「いる・必要だ」と思う人の口コミ

まずは、レンズフードを「いる」と感じる人の理由から見ていきましょう。

アンケート結果とXでの調査結果をまとめると、レンズフードを「いる」と感じる理由は、

レンズフードがいる理由
  • 斜光を押さえられて、屋外撮影に便利だから
  • レンズを保護でき、ぶつけた時の衝撃から守れるから
  • 雨粒や雪がレンズに付着するのを防止できるから
  • 写真のコントラストが増し、画像編集の必要がなくなるから

などがあることがわかりました。

以下では、アンケート結果とX(旧Twitter)での調査結果をそれぞれ紹介します。

「いる・必要だ」と答えた人の口コミ【アンケート】

レンズフードを「いる」と答えた人からは、こんな意見が集まりました。

素人でもいい写真がとれるようになりましたし子供の成長を残せる(30代女性)

屋外撮影時に雨天や降雪の場合、レンズに付着する雨粒や雪を防止する目的で必要性を感じましたのがその理由になります。(60代男性)

ゴーストを防げること、物理的にレンズを守れる、レンズに指紋がつきにくい(40代女性)

「必要」と感じる人の意見をもっとみる

レンズフードは余計な光を入れないために必須の道具で、晴れた日の屋外の写真撮影など欠かせません。(60代男性)

一眼レフカメラで子供の成長や風景の写真を撮ることが多いので役立っています。(30代男性)

逆光時にレンズ内に余計な光が入りフレアなどを発生するのを防いだり、うっかりレンズが何かにぶつかった時の衝撃を緩和できるため。(50代男性)

斜光を押さえられるので日差しが強い屋外の撮影では使用効果が高い。(60代男性)

必要だと思った理由ですが、二つあります。一つはレンズを保護する目的です。もう一つは直射日光など光がレンズに入り込んだりすることを防止することです。(60代男性)

撮影した写真のコントラストが増し、クリアになる。コントラストアップなどの画像編集をあまりしなくて良くなる。(40代男性)

「いる」と答えた人の口コミ【X】

続いて、Xで見つけた、レンズフードを「いる」と感じている人の口コミを紹介します。

ぶつけても安心!

反射抑えられて便利

もう一度まとめると、レンズフードを「いる」と感じる理由は、

  • 斜光を押さえられて、屋外撮影に便利だから
  • レンズを保護でき、ぶつけた時の衝撃から守れるから
  • 雨粒や雪がレンズに付着するのを防止できるから
  • 写真のコントラストが増し、画像編集の必要がなくなるから

などがあることがわかりました。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

レンズフードは「いらない」と思う人の口コミ

次に、レンズフードを「いらない」と感じる人の理由を見ていきましょう。

アンケート結果とXでの調査結果をまとめると、レンズフードを「いらない」と感じる理由は、

レンズフードがいらない理由
  • 使うシーンがなかったから
  • 室内の撮影には必要ないから
  • 最近のレンズは高性能だから

などがあることがわかりました。

以下では、アンケート結果とX(旧Twitter)での調査結果をそれぞれ紹介します。

「いらない」と答えた人の口コミ【アンケート】

レンズフードを「いらない」と答えた人からは、こんな意見が集まりました。

買ったけど、使うシーンか思ったほどなかった。結局邪魔になりました。(60代男性)

「いらない」と答えた人の口コミ【X】

続いて、Xで見つけた、レンズフードを「いらない」と感じている人の口コミを紹介します。

最近のレンズはゴーストやフレアがかなり抑えられてる

室内では必要ない

アンケート結果とXでの調査結果をまとめると、レンズフードを「いらない」と感じる理由は、

  • 使うシーンがなかったから
  • 室内の撮影には必要ないから
  • 最近のレンズは高性能だから

などがあるということがわかりました。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

レンズフードがあると、どんなメリットがある?

メリット

レンズフードはいらないとも言われていますが、あるとこんなメリットがあるようです。

レンズフードのメリット
  • 余分な光をカットして、綺麗な写真が撮れる
  • 雨や塵、埃からレンズを守る事ができる
  • フィルターに触れてしまうリスクを軽減できる

以下では、集まった回答をくわしく紹介します。

光の調整などがうまくできるので、綺麗に写真を写すことができます(30代女性)

上記以外の理由としましては、屋外撮影時にレンズの遮光を確保出来る事や、塵・埃からレンズを守る事が出来る事がメリットとして挙げられると感じています。(60代男性)

ゴーストを防げること、物理的にレンズを守れる、レンズに指紋がつきにくい(40代女性)

「メリット」をもっとみる

レンズフードの役割の中にはレンズを守るといったものもあります。一般的には、フィルターがレンズを守ってくれますが、レンズフードを装着しておけばフィルターに触れてしまうリスクも軽減できます。(60代男性)

レンズに直射日光が当たらないようにしたり、傷や汚れから守ったりできる点が良いと思います。(30代男性)

屋外撮影時のフレア発生予防とレンズ保護、そして雨降り時のレンズ保護が考えられます。(50代男性)

レンズを保護してくれるので、屋外でも安心して長いレンズをつかうことができる。(60代男性)

レンズフードのメリットですが、一つはレンズを保護する目的です。もう一つは直射日光など光がレンズに入り込んだりすることを防止することです。(60代男性)

画面の一部、または全体に光のモヤがかかったように見えるフレアやゴーストが発生しにくくなる。(40代男性)

余分な光をカットして、レンズ本来の性能を引き出してくれます。(60代男性)

もう一度まとめると、レンズフードのメリットは、

  • 余分な光をカットして、綺麗な写真が撮れる
  • 雨や塵、埃からレンズを守る事ができる
  • フィルターに触れてしまうリスクを軽減できる

などがあるようです。

レンズフードを買うと、こんなデメリットも…!

デメリット

一方で、レンズフードを持っていると、こんなデメリットも考えられます。

レンズフードのデメリット
  • ストロボ、フラッシュ使用時は撮影の邪魔になる
  • 価格が高い
  • 商品によって、大きくてかさばる
  • 着脱式の場合、落としてしまうことがある

以下では、集まった回答をくわしく紹介します。

価格が高いことです。 簡単に買えるものじゃないのでどれを買うか迷う(30代女性)

室内の撮影では部屋の広さにも依りますが撮影の邪魔になりやすい事や、ストロボ・フラッシュを使用する撮影ではレンズに光が集まらず、撮影自体が難しくなる事もあるのがデメリットになると考えています。(60代男性)

使わない時は逆にすればいいだけですので、特にデメリットを感じたことはありません。(40代女性)

「デメリット」をもっとみる

着脱式の場合、カメラを首から吊り下げたりして歩いていると知らない間に落としてしまうことがあります。他にも、他の機材にキズを付けてしまうフラッシュの光をさえぎってしまう、このようなデメリットもあります。(60代男性)

レンズフードを付けることでカメラの見た目が少しカッコ悪くなるのがデメリットではないでしょうか。(30代男性)

フラッシュを持ちいた撮影時にフードが光を遮ってしまうことが考えられます。(50代男性)

かさばるので物によってはレンズケースと分けて持ち歩かなければならない。(60代男性)

カメラと被写体の距離が短いと邪魔になります。また、レンズフードの形状が光の状態によっては影となって映り込むことがあります。(60代男性)

荷物が増えること、フードによっては、大きさがかなり大きくなってなってしまうこと。(40代男性)

内蔵ストロボを使用する場合、フードの影が写りこむことがあります。(60代男性)

もう一度まとめると、レンズフードのデメリットは、

  • ストロボ、フラッシュ使用時は撮影の邪魔になる
  • 価格が高い
  • 商品によって、大きくてかさばる
  • 着脱式の場合、落としてしまうことがある

などがあるようです。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

レンズフードの代わりに「これがあると便利」なアイテムは?

レンズフードをわざわざ買わなくても、別のもので代用できるならそれで済ませたいですよね。

レンズフードの代わりになるものには、以下のようなものがあります。

レンズフードの代わりになるもの
  • プラスチック製のメガホン
  • 厚紙
  • 日傘
  • レンズコート

以下では、集まった回答をくわしく紹介します。

簡単な一眼レフカメラ。加工などができるものもあるので楽に使える(30代女性)

プラスチック製のメガホンは丈夫ですので、切り方次第で自由に長さを調整出来、繰り返しの使用にも耐える商品だと思います。カラースプレーで黒や白色などを着色すれば、さらに良くなると思います。(60代男性)

レンズフードがない時は、手や物をレンズの上にかざして光を遮っていました。 写り込まないように気を使いますが、とりあえず手早くできる方法です。(40代女性)

「代用になるもの」案をもっとみる

光が多くて写真画質が悪いときなど、レンズの周りに厚紙で囲いを作って撮影することもあるので、厚紙がレンズフードの代わりになると思います。(60代男性)

日傘 日光が特に強い日はレンズフードよりも三脚などに傘を取り付けて撮影をするのも良いと思います。(30代男性)

食べ終わった後のフードの形に似たカップ麺やお菓子の容器の底を抜いて再利用するか、黒色に近い柔らかいプラスチックの下敷きをレンズに巻き輪ゴムで止めるなどの方法で代用できます。(50代男性)

斜光は防げませんが、保護フィルターを付けているとレンズ本体の傷の心配からは多少解放されます。(60代男性)

太陽光や強い日光を遮ったり弱めたいするものとして厚紙などを適当な大きさに切ってテープで固定することがあります。トイレットペーパーパーの芯なども使うことが出来ます。好きな形状を簡単に作ることが出来ます。(60代男性)

厚紙や板など、ただし間に合わせ感が出てしまうことと、プロっぽさは得られないのがデメリットです。(40代男性)

レンズコート。余分な光線をカット。雨と塵からレンズ前玉を保護できます。(60代男性)

もう一度まとめると、

  • プラスチック製のメガホン
  • 厚紙
  • 日傘
  • レンズコート

のあたりが代用になりそうです。

ぜひ、代わりのものとして役立ててみてください。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

レンズフードの人気商品!買うなら売れ筋を参考に

最後に、レンズフードの評判のよい商品を紹介します。

メリット・デメリットを把握したうえで、もし買うなら売れ筋を参考にしてみるのもいいかもしれません。

1.Canonのレンズフード

レンズフードの人気商品の一つ目は、Canonのレンズフードです。

近距離でも外周の光を遮り、くっきりと綺麗に撮影できるところが人気のようですね。

2.Nikonのレンズフード

レンズフードの人気商品の二つ目は、Nikonのレンズフードです。

未使用時は反対にセットして保管できるので、邪魔にならないところが人気のようですね。

3.オリンパスのレンズフード

レンズフードの人気商品の三つ目は、オリンパスのレンズフードです。

稼働式で便利なところが人気のようですね。

⇧目次へ戻る

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回は、レンズフードはいるかいらないかをアンケート調査し、その理由やメリット、デメリット、代用品を紹介しました。

最後にもう一度まとめると、レンズフードがいる理由は以下の通りです。

レンズフードがいる理由
  • 斜光を押さえられて、屋外撮影に便利だから
  • レンズを保護でき、ぶつけた時の衝撃から守れるから
  • 雨粒や雪がレンズに付着するのを防止できるから
  • 写真のコントラストが増し、画像編集の必要がなくなるから

レンズフードがいらない理由は以下の通りです。

レンズフードがいらない理由
  • 使うシーンがなかったから
  • 室内の撮影には必要ないから
  • 最近のレンズは高性能だから

ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

このサイト「DOCOREいらないナビ」では、さまざまなものをいるかいらないかをアンケート調査し、集まった意見を紹介しています。

この商品、本当に買う必要があるのかな…?と不安に思ったら、ぜひほかの記事もチェックしてみてください。

こちらも商品選びの参考に!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

この記事はDOCOREいらないナビ編集部が書いています。このサイトでは特定の商品やものがいるかいらないか、使用経験のある方のアンケート調査結果を紹介しています!

目次